【雪人 YUKITO】のあらすじネタバレ感想!全巻を読破して面白かったの簡単に解説!

【雪人 YUKITO】のあらすじネタバレ!全巻を読破したので詳しく解説!雪人 YUKITO

最近読んだ漫画で面白かったのが『雪人 YUKITO』

1〜5巻で完結しているのでサクサクと全巻を読破しました。

サスペンス好きなあなたには『雪人 YUKITO』がおすすめです!

 

今回は、『雪人 YUKITO』のついてくわしく解説していきます。

ネタバレも含むので楽しみにしている人は注意してください。

 

⇒eBookJapanで雪人 YUKITO 1巻を試し読み

 

雪人 YUKITOってどんな漫画?あらすじは?

 

雪人 YUKITOの原作は大沢在昌の小説『北の狩人』。

もんでんあきこ先生がコミカライズした作品です。

 
タイトル雪人 YUKITO
作者もんでんあきこ
原作北の狩人
原作作者大沢在昌
連載誌ビックコミックスペリオール
連載期間2011年18〜2013年23号
ジャンルサスペンス
 

もんでんあきこ先生の作品はこちらでチェックできます

 

雪人 YUKITOのあらすじ

 

「田代組を知らないか…?」。

10年前に潰れた暴力団のことを聞き回る謎めいた青年の雪人。

朴訥な秋田弁を話す田舎者の彼は、一体何を企んでいるのか。

雪人の登場が欲望の街・新宿に波乱を巻き起こす…!

引用元:ebookjapan
 

12年前に起きた秋田県警の刑事殺人事件。

この事件で殺された刑事が雪人の父親です。

事件の真相を知るために上京してきた。

事件の手がかりとなる田代組ついて新宿で聞き回るが10年前に潰れていたことを知ります。

 

そんな中、藤田杏や新陽会組員の宮本、新宿署刑事の佐江らと出会う。

 

⇒eBookJapanで雪人 YUKITOを全巻読む

 

雪人 YUKITOの登場人物

 

主人公の梶 雪人ほかの登場人物は

  • 藤田 杏
  • 宮本
  • 佐江
  • 新島
  • 苅部 耕二
  • 山倉 珠緒
  • 近松
  • 呉林 隆太郎
  • 向井 春信
  • 鴨下
  • 織田
  • 佐藤

雪人の父親殺しの事件に関わりのある人物です。

 

このなかにコイツはモブキャラぽいよな?とはじめは思った人物もいます。

登場したけどストーリーには、関係ないことはよくあることですからね。

そんなモブキャラっぽいのでも実は、事件の真相を知るためにはかなり重要人物です。

 

梶 雪人

 
 

物語の主人公。純粋で素朴な好青年。

実は、秋田県警捜査一課の刑事で鋭い考察で事件を解決する捜査一課のエース。

祖父は、マタギをやっていてマタギの血を受け継いでいる。

 

辞表を提出してまで秋田から上京した理由は、12年前に父親が殺された真相を知るため。

簡単にやめることはできるはずもなく上司の計らいで休職扱いになっている。

 

藤田 杏

 
 

ぼったくりバーのキャッチやっていて雪人に声をかけたのが最初の出会い。

雪人にほぼ一目惚れだと思われる。実は、18歳で女子高生。

雪人と再開して打ち解け、真相を解明するために協力していく。

 

宮本

 
 

現在は、新陽会組員で元田代組の幹部であり、雪人の父親を殺した容疑で指名手配されている苅部 耕二の兄貴分。

組長が襲撃され田代組が消滅したことに責任を感じているほどとても義理堅い性格。

雪人が杏たちに連れて行かれたぼったくりバーのケツ持ちをしていて、そこで初めて雪人と出会う。

あることがきっかけで雪人に協力していくようになる。

 

佐江

 

新宿署の刑事で新宿界隈の暴力団に詳しい。

宮本たちがぼったくりバーに入るのを見かけ顔を出したのが雪人との初めての出会い。

その後、雪人が父親殺しの真相を解明するために上京してきたことを知り、協力するようになる。

 

雪人 YUKITOを全巻読んだ感想

 

何度も言いますが、面白いです。

とても読みやすく原作の小説『北の狩人』が気になり今度読んでみようかなと思っています。

 

序盤は、なんとなく先が読める展開だなと思いながらも読み進めていましたが中盤からは、意外な展開が続くので飽きません。

最後は、想像も付きませんでしたね。

原作の小説『北の狩人』を読んでみたいと思ったのも結末がどうなっているかすごく気になったからです。

雪人 YUKITOと比べてみたいですね。

 

また、雪人と杏、宮本と珠緒がどうなるのか気になりませんか?

想像とは、ちょっと違う感じになっています。

 

5巻で完結しているので週末に暇な時間があればサクサクっと読めるのでおすすめですよ。

 

⇒eBookJapanで雪人 YUKITOを全巻読む

 

雪人 YUKITOの原作『北の狩人』を読んでみた

 

雪人 YUKITOの原作『北の狩人』を読んでみました。

漫画に比べると細いところの描写があったり、原作にしか出てこない人物がいてストーリーが細いところで違うので楽しめます。

読みやすくしてある漫画とは違って、読み応えがあって面白かったです。

 

その反面、原作を先に読んでから漫画を読むと読みやすくしてあるので物足りなさを感じるかもしれません。

 

サクサクと読みたいのであれば漫画、じっくりと読みたいのであれば原作がおすすめといったところでしょうか。

⇒雪人 YUKITOの原作『北の狩人』はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました